読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今大会出場者が語る"UNIDOLの魅力"

初めまして!

日に日に焼けていく実行委員2年のゆりこです🌞

 

【UNIDOL2016 Summer 決勝戦/敗者復活戦 】
UNIDOL2016 Summer〜紅白対抗ダンス運動会〜
supported by スマートライフまであと6日!

 

 今大会で8回目となるUNIDOL!

きっと出演者だからこそ感じる、私たちの知らないUNIDOLの魅力があるはず…!

 

というわけで

 

今大会出場者が語るUNIDOLの魅力について、アンケート調査をもとに本日は書いていきたいと思います👀✨

 

 

✒️🖋✒️🖋✒️🖋✒️

 

魅力その①

普通の女子大生がステージで輝ける!

 

『ふつうの女子大生でも大きなステージキラキラ衣装たくさんの人たちの前で輝けるところです』(乙女のはにかみ/城西大学)

『女子大生が輝ける最高の機会です』(アオガクプロジェクト/青山学院大学)

『UNIDOLはアイドルが好きな女子大生が輝ける最高のステージです!!!』(こもんズ!/立教大学)

 決勝戦/敗者復活戦のキャッチコピーである「玉入れしません、走りません、わたしたちは踊ります 女子大生だってステージで輝けるから」のとおり、普段は普通の女子大生が輝ける場であるUNIDOL☺️🌟

一夜のステージに向けて仲間と一生懸命に練習を積み重ね、ステージに立つ出演者の輝きは、はかりしれません… 😢☄

 

 

 魅力その②
コピーダンスでありながらチームに個性が生まれる !

 

『コピーダンスなのにチームに個性が生まれ、色が出る』(Candy Holic/大妻女子大学)

衣装を自分たちの手でつくり、セルフプロデュースをしていく。SNSの使い方や映像、様々な場面でコピーダンスとは思えないほど、チームの色が溢れておりどのチームに投票するか迷ってしまいますね…😌🙏🏻

 

 

魅力その③

アイドル文化を広げられる!

 

『アイドルの良さを少しでも多くの人に知ってもらえる機会の1つになっているところ』(mimi chocolat/駒澤大学)

『いろんなアイドルの曲が聞けて、アイドルをもっと好きになれるところです!!!!!!』(kimowota☆7/法政大学)

出演者がコピーしていることで、興味がわいたアイドルや初めて知った曲があるのではないでしょうか?

自分の好きなアイドルを、アイドルに詳しくない人にまで知ってもらうことができる絶好の機会ですね😍🙌🏻

 

 

魅力その④

本物のアイドルを間近でみれる!

 

 『ゲストで本物のアイドルを観れるところ!』(Yes!!もちまろpassions/明治学院大学)

アイドルが好きな出演者の皆さん✨

ゲストでお呼びするアイドルの方々を間近で見ることができ、さらにアイドルと同じステージに立てるというのはアイドルファンとして夢の瞬間なのではないでしょうか…😆💕

 

 

 魅力その⑤

 自分のチームのメンバーだけではなく、大学や県をも超えて他のチームの友達ができる!

 

『大学や県を越えて友だちができ、素敵な仲間に出会えます』(SADJD/江戸川大学)

『この活動のおかげで、お友達が少しだけ増えました!!!』(Sweet's/福岡女学院大学)

関東・関西・東海・九州、そして北海道でも開催されました!北海道はこの夏初めてイベントが行われ、冬大会から正式に開催が予定されています👀💕

アイドル好きの同年代にたくさん会うことができるのですね〜😊👏🏻

 

🖋✒️🖋✒️🖋✒️🖋

 

いかがでしたでしょうか?

ぜひ会場に来て、あなただけのUNIDOLの魅力も探してみてください😊💫

 

【UNIDOL2016 Summer 決勝戦/敗者復活戦 】UNIDOL2016 Summer〜紅白対抗ダンス運動会〜
supported by スマートライフ
日程: 2016年 8月 30日 (火)
会場: 新木場StudioCoast
敗者復活戦開演時間: 13:40
決勝戦開演時間: 16:55
シークレットゲストあり!!

当日券あり!!

ご来場お待ちしております🏃🏻💨